KRONTJONG TOEGOE / DE MARDIJKERS


世界最古のポピュラー音楽、『クロンチョン』の魅力を世界に届ける後継者たち
16世紀、インドネシアでの植民地統治権をめぐりポルトガルとオランダが抗争を開始。それまで覇権を握っていたポルトガルが破れると、オランダ人たちはポルトガルから商船員として渡来し、滞在していた有色人種の人々を郊外の町、トゥグーに隔離した。そこへ元ポルトガル人戦争捕虜たちも加わり、そこに定住した人々は総じて『(社会的に)解き放たれた人々』と呼ばれるようになった。そして彼等が奏でる独自の混血音楽はクロンチョンとしてインドネシア全土に広がっていった。本作の演奏者たちは、いずれもトゥグーの伝統音楽継承者育成プログラムを専修した、解放者の末裔たちである。ここでは伝統を踏襲すると同時に、オリジナリティも加味されたフレッシュなクロンチョンを披露。海洋性混合文化が生み出した、軽やかでゆったりとしたストリング・サウンドを堪能することができる。 (サプライヤーインフォより)

なんだか、自由なクロンチョンですねえ、歯抜け酔いどれオヤジ?が歌う風の放埒なクロンチョンから、そよ風に吹かれる妙齢女性?が歌う爽やかクロンチョンまでの振り幅で、トゥグーの地に生まれたマルディーカ(解き放たれた人々)の末裔たちが、“世界で最初のポピュラー音楽” を唄ってる、って雰囲気、伝わって来ますね。ややもってPOP演歌化した現状クロンチョンとは、一線を画すものが感じられます。

1. Balada Si Warung Kopi
2. Oud Batavia
3. Mardijkers
4. Kr.Muda Indonesia
5. Cukuplah Sudah
6. Pohon Asam
7. Selamat Jalan Bunda
8. Sambel Cobek

go top