LEYLACA / GUZDEN GUNESE IZLER


たぶん、これが初アルバムと察せられる、若手サナート系女性歌手の登場です。期待していいと思います。
デジパックの内側の写真ではウードを抱えた彼女の写真が掲載されるなど(実際に演奏しているのかどうかは不明ですけど)、古典歌謡に対する幅広い音楽的才能を持っているんじゃないかとも推し量れます。ここではそのウードやカーヌーン、ネイ、そしてピアノ、チェロといったアンサブルによる、ほんのりと淡いPOPな味わいも感じさせるバックで、しとやかで端正、柔らかなレイラジャの歌声を存分に楽しむことができます。ネコちゃんと戯れる写真なども内ジャケに掲載されていますが、ま、美人かどうかはお好み次第ですから、それはともかく、でも、実に声がイイじゃないですか、近年のサナート系POPでは出色のオヤジーズ向けアルバムかと!

go top