ESTHER SUAREZ / LA BOLOGNESA


売れています!〜以下、発売元インフォメーションの google 翻訳そのまま(けっこうフツーに読める文章になっているのがスゴイですねえ…)

「La Ocrasina De Oroとしても知られるEsther Suarezは、ペルーのHuaynoの人気歌手です。 La Bolognesinaは彼女の初期のアルバムの一つで、軽い打楽器とハンドクラップで補われたアンデスのハープの上にリバーブをかけたヴォーカルをフィーチャーしています。このアルバムは1981年に録音されたもので、そのタイトルはペルーのアンカシュ地方にあるボローネシ県の雪に覆われたアンデス山脈の近くにある彼女のルーツを指しています。ペルーは、貧困と政治的不安定のために、20世紀後半に農村から都市への大規模な移住の波を経験したが、それと同時に民俗的なHuaynoの伝統の人気を爆発させた。古代の先住民族ケチュア語の民俗伝統の都会的で近代化されたスタジオ版であるHuaynoは、移住者の苦難と郷愁の両方の経験へのサウンドトラックとなりました。 Esther Suarezの明瞭で憧れのヴォーカルは、失恋、後悔、そして憂鬱で彼女の若さの高地を彷彿とさせながら駆け抜ける究極のリズムを飛び越えながら、同時に生きる意志と踊りへの誘いがある場所を探しています。本当にこれまでで最も美しい音楽のいくつか。」

go top