CHRISTIAN OLIVIER / AFTER AVANT


 

30年間、あの Têtes Raides で、ヴォーカル、
アコーディオンとして、フロントをつとめている
クリスチャン・オリヴィエ2018年のソロ・アルバム。
ジャック・ブレルとジョルジュ・ブラッサンス、
そしてパンクに触発された Têtes Raides の
音楽性を引っ張って来た人物ですね。
スタイルではなくて、精神としてのパンクは、
オールド・シャンソンにも通じる、ということでしょうか?
そんなことをちょっと考えさせる作ですね。

go top