HIBA TAWAJI / HALLELUJAH


アラブなのにクリスマス?
なんて言わないで下さいね、
レバノンにはコプト系キリスト教徒が
150万人が住んでいます(総人口比18%)。
ちなみにエジプトだって、820万人の
キリスト教徒(総人口比11.2%)が住んでます。

そして、ある意味、キリスト教徒社会に通じる旋律や音感、歌いまわしが、このヒバ・タワジの作にはあることも確かでしょうね。プロデューサーのウサマ・ラハバーニーのサウンド・デザインもしかり、しいてはその父ラハバーニー兄弟がプロデュースしたフェイルーズの歌いまわしにも、そうした要素はあったと思います。だからどう、ということよりも、音楽を国境の中に閉じこめるのは無理、というお話になるかも知れませんね。
ま、でも、そーゆーことはともかく、クリスマスなんて自分にはカンケーねーと思っていましたが、今度クリスマスが来たなら(もし、運良く憶えていたなら)、コレを聴いてみたいですね。それが叶えば、40年ぐらい前のイヴに聴いた記憶がオボロにある♪モータウン・クリスマス以来だろうな…、聖夜にクリスマスソング聴いて過ごすのは(感傷、というか、哀愁漂う記憶が甦りますが… って、ハタチの哀愁って何?)。

で、そーゆーこともともかくとして、それにしても¥3650!!! 1CDの値段じゃないですね…前回よりも、また少し高くなってしまいましたよ。申し訳ないです!

go top