EDDIE PALMIERI / FULL CIRCLE


で、日頃サルサ新譜をキチンと取り揃えていない当方なのになぜ? と言うなかれ、あるところでキチンと聴いてみたら、なるほどコレは素晴らしい!
というのも、ほぼNYやジャージーでサルサを踊れる店が既になくなってしまったという話を聞いて、あるいはここ数年、新譜リリースの勢いがパタと止まってしまったNYサルサという音楽に関して、別に何か大層なことを言うつもりはありませんが、プエルトリコ移民という言葉でさえあまり意味をなさなくなってしまった21世紀のセカンド・ディケイドの終わり、NYにスペイン語ナチュラル・スピーカーのプエルトリコ系若年層がほぼありえないことを考えれば、NYサルサが全体として退潮、というより終焉に向かっていることはどのようにも、とどめようがないことかも…。
そんな中、近年のジャズ・カラーを振り払って、すべてセルフカヴァー、サルサ黄金期を飾る往年の名曲ばかりを、ニッキー・マレーロ、リトル・ジョニー・リベーロ、エルマン・オリベーラほか、今望みうる最高の布陣で演じたエディ・パルミエリ82歳の新譜、御本人がどういうつもりで作ったかどうかは別としても、コレは、いつぞや、かなり長きに渡りサルサに楽しませてもらった恩ある身として、日本に暮らす我々だって、聴き逃してイイはずのない作と悟った次第。

Tracklist
1 Vámonos Pa’l Monte 6:20
2 Azúcar 8:04
3 Muñeca 9:59
4 Lindo Yambú 7:49
5 Óyelo Que Te Conviene 5:06
6 Palo Pa’ Rumba 9:53
7 Pa’ La Ocha Tambó 5:44
8 Vámonos Pa’l Monte – Big Band Extended 7:31

Credits
Alto Saxophone – Louis Fouché (tracks: 1 to 8)
Backing Vocals – Quique González (3) (tracks: 7, 8)
Baritone Saxophone – Gary Smulyan (tracks: 8), Ronnie Cuber (tracks: 7)
Bass – Luques Curtis (tracks: 1 to 8)
Bongos – Nicky Marrero (tracks: 1 to 6)
Bongos, Cowbell – Anthony Carrillo (tracks: 7, 8)
Co-producer – Louis Fouché, Luques Curtis, Zaccai Curtis
Congas – “Little” Johnny Rivero (tracks: 1 to 8)
Cowbell – “Little” Johnny Rivero (tracks: 1 to 6)
Executive Producer – Eddie Palmieri II, Frank Abenante, Zoilo R. Torres
Lead Vocals, Coro – Hermán Olivera (tracks: 1 to 8)
Maracas – “Little” Johnny Rivero (tracks: 4)
Piano – Eddie Palmieri (tracks: 1 to 8)
Tenor Saxophone – Ivan Renta (tracks: 8), Jeremy Powell (tracks: 8), Yosvany Terry (tracks: 8)
Timbales – Camilo Molina (tracks: 1 to 8)
Timbales [Timbalito] – Nicky Marrero (tracks: 4)
Tres – Nelson González (tracks: 1 to 8)
Trombone – Chris Washburne (tracks: 8), Conrad Herwig (tracks: 1 to 6, 8), Doug Beavers (tracks: 8), Jimmy Bosch (tracks: 1 to 8), Joe Fiedler (tracks: 8), Tokinori Kajiwara (tracks: 8)
Trumpet – Brian Lynch (tracks: 8), John Walsh (tracks: 7, 8), Jonathan Powell (tracks: 1 to 8), Pete Nater (tracks: 8)
Producer [Associate] – Andrés Abenante
Producer [Musical] – Eddie Palmieri, Eddie Palmieri II

go top