SYAMOUR / MACHAHOU


ウアムリアさん買い付け品〜感謝!(ですが、前回に続いて、残念〜早くも既に売り切れてしまいましたが、再入荷期待しましょう!)
本名カメル・シ・アムール (KAMEL SI AMMOUR) アルジェリア北部、地中海側カビール地方の海岸線から少し内陸に入ったカビール第2の都市、ティジ・ウズーで音楽学校に通っていたそうです。シャアビ〜カビール・ソングを歌い始めたのもその頃からでしたが、当時のアルジェリア音楽興隆第一波、ハレドはじめライの歌い手達やイディール、マトゥーブ、アイト・メンゲレットらのフランスでの活躍にも刺激され、1990年代に渡仏、パリで音楽活動を開始することになりました。その巧みなマンドーラ奏者としての腕を買われ、イディールやスアッド・マッシ、アクリD.らのバックをつとめ、さまざまな音楽フェスやレコーディングに参加、在パリのアルジェリア系音楽シーンでの活動&長い下積みを経て 2009年にやっとリリースしたソロ・アルバム(仏録音 / プレスはアルジェリア)がこちら。さまざまなカビール音楽の要素を散りばめたヴァラエティに富んだ作〜ケルトと見紛うような? カビールの清涼感と、シャアビ風味漂う歌い口、ロックやジャズ、レゲエ、アラビックを消化したようなアレンジの面白さ、自らのマンドーラ弾き語りほか、アコースティックなバッキングに発揮される様々なアイデアとバランス感もOK、これはアルジェリア〜カビール音楽ファンにとっては、知られざる充実作かと。

go top