LOUDOVIKOS TON ANOGION /GREMO DEN EHOUN TA POULIA


ルドヴィコス・トン・アノギオン1951年にクレタ島の山間の村で生まれ、育ったそうです。珍しくもマンドリン(マンドーラのようにも見えますが)を弾き語るSSWです。デビューはマノス・ハジダキスがクレタを訪れた際に歌を聞いてもらい認められたところからスタート、1985年にデビューアルバムをリリースしています。ということで、こちら06年作は、あのマリア・アナマテルー嬢のファースト・レコーディング/ 4曲で歌っているところが、実に、重要ですね!?

 

 

go top