ANNEKE GRONLOH / KOLEKSI KLASIK


オランダで活躍したインドネシア人女性歌手が残した豪華な南洋歌謡!
アンネケ・グレンロはロック誕生以前から欧州で活躍したインドネシア人女性歌手。スラウェシ島トンダノ出身で、後にオランダに移って歌手デビューを果たした。さらに64年にはユーロビジョン・ソング・コンテストの第9回大会に非ヨーロッパ系の歌手として初めて出場し大きな注目を集めたことで知られる。そんな彼女がデビュー当時に残した録音の中から、インドネシアの名曲ばかりを集めたのがこのアルバムだ。「ブンガワン・ソロ」「オ・イナ・ニ・ケケ」「ニナ・ボボ」「マック・イナン」などを、ジャズやラテン、ハワイアンのテイストが溢れるビッグ・バンドの豪華な伴奏をバックに聴かせてくれる。エラ・フィッツジェラルドや美空ひばりあたりを思い起こさせる、何とも高い歌唱力を持つ女性歌手だ。 (サプライヤーインフォより)

アムステルダムでデビュー、その後、ジャカルタ、そしてシンガポールでも活躍したという往年の国際派インドネシア系女性歌手ですね!そんなアンネケ・グロンロの1960年代ヒット曲集、マレイシア盤で08年にリリースされたのが本盤。ジャズやロカバラード、スクスクやメレンゲ、ハワイアンを、クロンチョンやムラユー歌謡、あるいはスラウェシ民謡等々の東南アジアの多彩な歌謡にミックスしたような、60年代ならではのラウンジーな感覚のPOPソングの数々~のびやかでキュートで若々しく、そしてちょっとバタくさい歌い口が、やっぱり江利チエミ風?でしょうか。

1. Asmara
2. Dari Kechil
3. O Ina Ni Keke
4. Cherewerewe
5. Rambut Hitam Matanya Galak
6. Buka Pintu
7. Nina Bobo
8. O, O, O Papa-Ja
9. Burong Kakatua
10. Bengawan Solo
11. Mak Inang
12. Gema Rembulan

go top