LYDIA MENDOZA / THE LARK OF THE BORDER 


1916年生まれ2007年に亡くなったテキサスのメキシコ系女性歌手、テハーノ・ミュージック界の大スターとして君臨したリディア・メンドーサ。米名門レーベル、アーフーリーからのアンソロジー的なアルバムが発売されていました。そんな彼女の愛称である『ラ・アロンドラ・デ・ラ・フロンテーラ(ザ・ラーク・オブ・ザ・ボーダー=境界のヒバリ)』を冠したLP(PALOMA-1011)の全10曲から、8曲を収めたリイシューです。
バックはマリアッチ・アギラが担当し、ランチェーラ系のトラッドな味わいをもつナンバーに、伸びやかなリディアの歌声がよく映えています。テハーノ独特な哀愁をその声の裏に感じさせてくれる歌唱ばかりです。レパートリーはいずれも自身のオリジナル。
盤起こし?かと思いますが、音質は概ね良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Lágrimas De Vino
2. Flor De Mexicali
3. Por Qué Me Engañaste
4. Mira Mira
5. Soldado Razo
6. El Quelite
7. Por Qué Te Vas
8. Muchos Besos

go top