GEMMA HUMET / ENCARA


★ジェンマ・ウメット / エンカーラ

カタルーニャが生んだ若き才媛、待望の2nd作
柔らかく知的な、地中海的響きを内包したフォーキーなポップ・ミュージック

●シルビア・ペレス・クルースやジュディット・ネッデルマンといった注目の女性シンガー・ソングライターを輩出してきているスペイン北東部地中海岸のカタルーニャ地方。1988年生まれのこのジェンマ・ウメットもその一角を占める若き才媛です。
●日本でも人気がじわじわと浸透してきているカタルーニャを代表するベテラン・ギタリスト、トティ・ソレールのフィーチャリング・ヴォーカリストに、シルビア・ペレス・クルースに続いて抜擢された彼女は、弊社ビーンズ・レコードからご紹介しているトティのアルバム『帰郷の理由』『君の名前』『静止した時』にゲスト参加。ウォーミーな歌声を披露しています。
●15年には、音楽学校時代からの友人である若手ギタリストのパウ・フィゲレスがプロデュースしたソロ・デビュー作『シ・カント・エンレレ』をリリース。こちらはインパートメントを通じ日本配給されています。
●本作は17年リリースの待望のセカンド作。2曲をカタルーニャとアルゼンチンの2人の女性作家の詩を用いているのを除き、全編、自作のナンバーを披露してくれています。
●プロデュース/アレンジは、ラテン・グラミーの最優秀シンガー・ソングライター・アルバムに輝いた『バイラール・エン・ラ・クエバ』をはじめとするホルヘ・ドレクスレルの作品など手がけているカルレス・カンピ・カンポンが担当。ジェンマがすべての曲でピアノもこなす他、前作のプロデューサー、パウ・フィゲレスもギタリストとして参加。また、モセーニョやバンスリ、ネイ、バリトン・サックス、バス・クラリネットなど各種管楽器をこなす2人のマルチ・リード奏者、ケパ・フンケラなどのアルバムにも参加しているチャビ・ロサーノと、リー・コニッツをゲストにフィーチャーしたリーダー作などあるマルセルリ・バジェールの存在が、細部を彩る音作りのアクセントとなっています。
●シルビア・ペレス・クルース、ジュディット・ネッデルマンらと共に、ぜひご注目ください。(メーカーインフォより)

1. Crida’m
2. Podries
3. Empordà
4. Les veus del mar
5. Barcelona, març de 1938
6. Oblida
7. Guerra
8. La quimera
9. L’home llop
10. Himne al futur

go top