SANTIAGO CERON / HOMENAJE AL GALLERO PALMASOLA


サンティアーゴ・セロン~1996年の充実作が当店ストックの隅に複数発見されました(もう20年以上前のCDなんですなあ…)!セロンと言えば、最晩年のアルセニオ・ロドリゲス楽団で歌っていたあの人ですね(ドミニカ1940生まれ)。その後、トニー・パボンのプロテスタに参加してもいました。で、本作、鶏にかまけているオチャメなジャケ?とは裏腹、ソプラノ・サックス舞うスタイリッシュなNY派王道サルサに乗せて、余裕の歌い口でコクのあるヴォイスを楽しませてくれますよ!やっぱり、イイですなあ、>★

go top