field recordings / LAOS, Musique Des Khmou


 

 

 

南部ラオスのカム(クム?)の人々に伝わるケーン伴奏の
女声歌を集めたフィールド・レコーディング集です。
中国雲南あたりの民謡にも似ているように感じますが、
その独特の節づかい、一度聴いたら耳から離れませんね…、

ところで、この youtube 音源を聴いていただいたら、タイ在住の大畑さんから、タイの “ソー” との関連を指摘いただきました。以下 “ソー” の音源となります(初耳でした、なかなか、すごい音源です)。

以下、大畑さんのコメントとなります(メールからの無断転載〜陳謝&感謝!)。
「ラオスのカム族の音楽とのこと。「カム」というのはタイ語では「カメーン」に近い発音となり、カメーンとはクメール(つまりカンボジア)の意味です。「まさか、カンボジアと関係あるの?」と思い、ネットで調べたところ、カム族はモン・クメール族の一部に分類されるようで、ラオス北部及び中国雲南省のシーサンパンナに住んでいるのだそうです。シーサンパンナと言えばタイ族のルーツで、このあたりの民族が南下してラオスやビルマの北部、或いはタイ北部に移住したというのが今や定説となっており、それでこのあたりの音楽は共通性があるものと思われます。」

go top