LOIC EMBOULÉ / GENESE


ロイック・アンブーレ、伝統的な打楽器音楽、グォ・カのビート/ 打楽器アンサンブルをベースに、アコースティック・ズーク風のクレオールPOPを演じます。ちょっと面白い才能と見ました。>★参考(感謝!)
で、この人、音楽で暮らしているわけではなくて、本業は分子生物学の先生でお医者さん(鎌状赤血球病が専門)だそーですが、それが音楽に何か関係しているのか、どうかは不明。で、このアルバム、本人名義としてはファーストになるんじゃないかと思います。もともとグァドループの打楽器音楽、グォ・カのタンブールの叩き手として活動していたようですが、ここでは、グォ・カの打楽器ビートを活かした生音POPスタイルを創出、アリそうでなかった、というか、昔からあってもおかしくはない自然な感じが、いいじゃないですか。ラッパーや、近年、地元人気の女性歌手、ニウカも全面参加。全曲グォカのビート曲ですが、スローからミディアム、アップまで飽かせない工夫もあるし、全体クール、ズークとは一味違うクレオールPOPの登場です!

go top