TRIONA MARSHALL / BETWEEN TWO WAYS


★トリーナ・マーシャル/ビトウィーン・ツー・ウェイズ
キラキラと瑞々しく、叙情的で美しい過ぎるハープ演奏集。
本作こそ、現在最高のアイリッシュ・ハープ音楽のアルバム!

15年に渡り、チーフタンズの2代目ハープ奏者として活躍する、現在最高のアイリッシュ・ハープ奏者「トリーナ・マーシャル」のソロ2作目。ゲストに、パディ・モローニ(チーフタンズ)、ショーン・キーン(チーフタンズ)、マーティン・ヘイズ、マーティン・トゥーリッシュ(アルタン)などアイリッシュ・ミュージックの名手達が参加。アイリッシュ・トラッドへの深い敬愛を感じさせる、至高のアイリッシュ・ハープ音楽アルバムの傑作が完成。ゲストの演奏も素晴しく、全曲名演!
オススメ曲は、チーフタンズのパディ・モロー二参加の(7)とショーン・ケーン参加の(3)、マーティン・ヘイズ参加の(8)、ティム・エディ参加(1)、トリーナのソロ演奏の(4)(11)など、どの曲素晴しい演奏で全曲名演の傑作!
〜メーカーインフォより

音楽と記憶は強く結びついているものだ。2年前、父が「エレジー」というアリアを聴いて涙を流すのを見た。なぜ泣いているのか聞いてみると、「自分が知っていたのに、今は忘れてしまっていた場所から手紙が届いたような気持ち」になったのだという。
このアルバムは、父の心に触れたこのときの体験がきっかけとなっている。ここには音楽が持つ万能の力を映した曲が収められていると私は思っている。音楽は単に感情を喚起するだけではなく、その曲が生まれるきっかけとなった瞬間のことも伝えてくれる。
それぞれの曲はミュージシャンとしての私の人生からの手紙であり、これまで音楽を通じて私が育んできた多くの友人関係に対する祝福の音楽でもある。
〜トリーナ・マーシャル解説より

01. ストリート・リール / Street Reels
02. 白鳥の夢 / Aisling na hEalaí
03. 3羽のカラスのマーチ / March of the Three Ravens
04. 銀色の涙 / The Silver Tear
05. セブンス・ディグリー / The Seventh Degree
06. 道の歌 / Amhrán an Dá Bhothair
07. エレジー / Elegy
08. 火の粉と炎 / The Spark and the Flame
09. ハングマンズ・セット / The Hangman’s Set
10. プランクスティ・マクガワンズ / Planxty McGowans
11. オキャロラン作:音楽との別れ / O’Carolan’s Farwell to Music

go top