BAFANA NHALAPO / NGIKHUMBULE KHAYA


南アフリカ、バファナ・ンハラポなる男性歌手のデビュー作だそうです(最初、このジャケですからねえ、男のような声だな、なんて思いました)。バックを固めるのはノルウェーのジャズ系ミュージシャン達ということですが、チューバも加わって金管4本のブラス&ドラムス編成が、いかにも南ア往年の、北米スウィング起源ダンス音楽スタイル〜マラービを想わせるところがミソ。歌い手のバファナ・ンハラポも(76年ヨハネス生まれだそう)、いかにもズールーっぽい野趣を孕んだ南ア流儀のワイルドな声で、ヴァイタルかつクールな歌を炸裂させていますよ!〜というようなことは、みんな>こちらに書いてありますが…(無断リンク陳謝&感謝!)。で、バッキングが北欧ジャズ仕様、ということで、恐れをなす向きもあるかと思いますが、その辺はご心配なく、ブラスバンドですから、北欧臭、というか、例えば、あのECMみたいな雰囲気は皆無、ジャズ ✕ アフリカという意味では流石お国芸の南ア出身、そのエッジの効いたブラス&ヴォイスのセメギ合い、実にスリリングです。ま、それもこれも、ブッゲ・ヴェッセルトフト(若い頃はパンクスだった)という仕掛け人が、バファナ・ンハラポの資質を理解しているから、でしょうね。じゃなきゃ、こういう風にはならない。…蛇足ながら、このバファナ・ンハラポ、サリフ・ケイタやバーバ・マール、ブシ・ムロンゴ、ムタバルーカらにインスパイアされたそう。なるほどですね、

go top