KABEE SYSOUDA / (title unknown)


しっかし、どうしてこーも、
ラオス歌謡女性歌手のCDっていうのは、
自然環境もしくは田園風景とか、
メコンほか河川とか、丘陵〜平原地帯とか、
そーゆー光景の中にたたずむジャケット
ばかりなんでしょうね?
そーゆーお国柄なんでしょうが、
都市の光景をフィーチュアーしようと思えば、
ピンポイントで可能であるはずなのに、
そーはしないところ、ゆかしいというか、
そーゆー美意識が一般的にマイナーなのか、
なんとも、不思議と言えば不思議です。
それにしても、そのイメージが、
ダイレクトに想起させる印象や雰囲気が、
それがまたバッチリ、歌唱のあり方や、
その音楽性に直結しているところ、
素晴らしいと言えば素晴らしくて、
どんな歌い手でも、田園や里山的自然の中にたたずむ歌手であれば、
相応に素晴らしく聞こえてしまうという、ということはあります。
そして、この KABEE SYSOUDA〜例によって、名前の読み方もわからんのですが、
こびない、ゆかしい、歌がうまい、おしつけがましさ皆無のその歌&バッキングを聞いていると、
暮れなずもうとする河の流れを背景に、ブルーのツーピースを着こなし、
笑んでいるのか、哀しんでいるのか、よくわからないその立ち姿そのままの音が、
CDに刻印されているという、そのストレートな制作姿勢、ある意味、パーフェクト!
と、思えて来る、ということはありますな。
そして、蛇足ながら、どんなヴィデオクリップを見ても、その足元、いつも土!
むき出しの大地の片鱗が感じられて、あああ、土を踏みたいと、そう思うわけですな。
ややもって意味不明、ですが。

go top