RAUL PLANAS / ORQUESTA RITMO Y MELODIA 


コンフント・ルンババーナの初期リード・ヴォーカリストにして、モントゥーノの達人といわれた、ラウル・プラナス。その他にも、ソノーラ・マタンセーラやチャポティーン、アフロ・キューバン・オールスターズという一線級のグループでも歌ったキューバの大御所歌手です。
本アルバムは、たぶん1950年代後半に、キューバの当時のローカル・レーベルF.M.R.へ、ORQUESTA RITMO Y MELODIA名義で録音したシングル盤を集めて復刻です。このバンドも始めて聞く名前ですが、フル・ブラスのリフを中心に繰り出されるキューバ特有のグルーヴ感が素晴らしく、かなりのテクニシャンの集まりなのではないかと思われます。また、まとまりあるアレンジも一流。その上に乗るラウル・プラナスのヴォーカルは、軽快ながら重量級のモントゥーノを聞かせてくれます。彼の実力がいかんなく発揮された録音群ということが出来ます。
盤起こし?と思われますが、音質はまずまず解像度よく仕上げています。(サプライヤーインフォより)

1. Monte Escondido (Son Montuno)
2. Matrimonio Felíz (Guaracha)
3. Pricipio y Fin (Bolero Mambo)
4. A Ti Na Má (Bachata)
5. Yo Tuve un Amor (Bolero)
6. El Guapachón (Bachata)
7. Eres Como el Camaleón (Son Montuno)
8. Dónde Esta Santa Claus (Guapachá)
9. Que Bajeza (Bolero)
10. Igual Que un Niño (Bolero)
11. Aves del Prado (Bachata)
12. Nuestro Coco (Guapachá)

go top