GASPAR CLAUS & CASPER CLAUSEN / S/T


字面を見るとほとんど同じような名前の二人、ガスパール・クラウス(cello)とカスパー・クラウセン(vo) この二人の出会うべき運命が綴られた CD の解説文が伝奇小説の面白さ。ドイツとデンマークの両家のそれぞれの祖父が 1954 年年頭に、互いに見知らずにリスボンの同じ場所にいて、名状しがたい強い エモーションに襲われ、そのことをおのおのの日記に書き残している。82 年冬にカスパーはデンマークで 生れ、83 年夏にガスパールはフランスで生まれている。今日、この二人がそれと知らず過去に何度も同じ 場所ですれ違っていたことを知っているが、実際の初対面は 2014 年、共通の友人である映像作家ヴィンセント・ムーンを通じてのこと。それはヴィンセント・ムーンが予言的な夢を見て、それぞれ半月を持った 二人の男が道の両側を進んでいき、両端が合わさったところで道は閉じ、ひとりの男が現れるというもの。 その町がリスボンであるという確信をムーンが持った時、ガスパールとカスパーは両祖父のことだと閃き、 その衝撃のまま 2015 年2月リスボンに赴き、4日間でこのアルバムを…。(エクスポーター資料から)

Casper Clausen – Vocals
Gaspar Claus – Cellos
David Chalmin – Mix
Harris Newman – Master
Nicola Delorme – Picture
Borja Flames – Artwork

go top