THONHUAD FAITED / DIEW SOE ISAN, The North East Thai Violin of Thonghuad Faited


thonghuadfaited★トンファド・ファイテッド『ディー・ソー・イサーン:ザ・ノース・イースト・タイ・ヴァイオリン・オブ・トンファド・ファイテッド』
エムのタイ音楽第2段は、タイ音楽伝導師マフト・サイとクリス・メニストのParadise Bangkokチームと組んでの渾身の一発。イサーン(タイ東北部)で活躍したソー名人、トンファド・ファイテッドのアンソロジー〜エム・レコードより。
トンファドは、ピン(イサーンの三弦リュート)やケーン(イサーンのパンパイプ)と共にタイで古くから親しまれる楽器ソー(Sor: 2弦ヴァイオリン)のナンバーワン名人であり、生涯をイサーン音楽・モーラムに捧げたソー・マスターだ。モータウンにおけるファンク・ブラザーズのごとく、タイ歌謡曲で楽器奏者が前に出ることはありえず、彼らは歌手の背後にいる「陰」の存在だが、楽器奏者として70年代にリーダー・アルバムとシングルを発表したトンファドは例外中の例外。
ここに収められたトンファドの作品は、宮廷・古典器楽のようなものではなく、イサーンの音楽がロックバンド化していった70年代の録音で、エレキ・セットと混合したストリート感覚漂う民謡ファンクだ。このアンソロジーでは、驚きのファンキーカット「Eua Aree See Sor」(M-4)、ケーン奏者のクンパーンとの壮絶な演奏バトル「Diew Sor – Diew Khaen」(track 13)の2大キラー・チューンをはじめ、ソウ独奏、ゆったりした合奏などを収録し、彼の名人芸と演奏ヴァリエーションが堪能できる内容となっている。
また、彼がバッキングした女性歌手、スパープ・ダオドゥアンジェン(M-6, 15)とホントーン・ダーオウドン(M-8)の名唱も特別収録。トンファドに取材した内容をベースにした解説は、モーラムとタイのストリート・ミュージックの基本資料としても必読! (メーカーインフォより)

*解説:クリス・メニスト(Paradise Bangkok)
*英語・日本語料掲載
*一部訳詩掲載
*特製紙ジャケット

TRACKS:
1. Diew Sor (Sor Solo) – Thonghuad Faited
2. Diew Sor Kid Hod Baan (Sor Solo – Missing Home) – Thonghuad Faited with Khunpan and Petch Burapa Band
3. Ruammit (Mix Up) – Thonghuad Faited with Khunpan, Thongmee Chamnipa and Petch Burapa Band
4. Eua Aree See Sor (Eua Aree Playing Sor) – Thonghuad Faited with Prayong Cheunyen and AiMeud Kaimook
5. Hae Klongyao (Klongyao Drum Parade) – Thonghuad Faited with Khunpan, Thongmee Chamnipa and Petch Burapa Band
6. Lam Plearn Isan Samakkee (Lam Plearn Isan Unity) – Supaap Daoduangden (vo.), backed by Thonghuad Faited with Prayong Cheunyen and Petch Burapa Band
7. Zeang Klong Kao (Ricebox Zeang) – Thonghuad Faited and Petch Burapa Band
8. Hongthong Kanong Lam (Hongthong’s Rumble Dance) – Hongthong Dao-udon (vo.), Thonghuad Faited with Doi Intanon and Petch Burapa Band
9. Waen Wiset (BaanLeng) (Magic Glasses (Instrumental)) – Thonghuad Faited with Prayong Cheunyen and Meud Kaimook
10. Diew Sor Radap Lok (Sor Solo – World Class ) – Thonghuad Faited with Khunpan, Thongmee
Chamnipa and Petch Burapa Band
11. Sinchai Taam Fan (Sinchai Finding Girlfriend) – Thonghuad Faited with Khunpan, Thongmee Chamnipa and Petch Burapa Band
12. Diew Sor Lom Pat Prao (Sor Solo – Wind Blowing the Coconut Tree) – Thonghuad Faited with Khunpan and Thongmee Chamnipa
13. Diew Sor – Diew Khaen (Sor Solo – Khaen Solo) – Thonghuad Faited and Khunpan with Petch Burapa Band
14. Lam Tud (Lam Tud) – Thonghuad Faited with Khunpan, Thongmee Chamnipa and Petch Burapa Band
15. Lam Plearn Kieow Lam Plearn (Lam Plearn Chatting Up Lam Plearn) – Supaap Daoduangden (vo.), backed by Thonghuad Faited with Prayong Cheunyen and Petch Burapa Band

go top