MUCHACITO / EL JIRO


★ムチャチート エル・ヒロ
bnscd-8932ルンバ・ファンク・スウィング・そしてロックンロール!
バルセロナといえばのこの男、ムチャチートの6年ぶりの最新作”エル・ヒロ”
・マヌ・チャオ一派ら混血(メスティサヘ)ロックの拠点として00年代のロック/ワールドミュージックでも独特のシーンを創り上げたバルセロナ。しかしそんなシーンや街の流行廃りとも適度な距離を置きながらマイペースに活動し続けるムチャチートが万全の新作をひっさげて再登場!
・もちろん内容は相変わらずのムチャチート節全開です。バルセロナのルーツ音楽ルンバ・カタラーナ(ヒターノたちがフラメンコにラテンを組み合わせて大成したカタルーニャのジプシー・ソウル)を軸にファンクにロックにスウィングする王道スタイルは変わらず。アノ独特の塩辛でパンキッシュな色気たっぷりの歌声も健在!スカ/ブラスなホーン隊もいつものようにムチャチートの世界に取り込まれています。要はなにも心配いらない圧倒的に大満足な新作です。
・今作はアンダルシア地方でフラメンコの聖地ヘレス・デ・ラ・フロンテーラで録音。メンバーはアンダルシア出身でフラメンコ・ミクスチャーロックの代表グループ、デリンキエンテスからギターのディエゴ・ポソ。ラテン・グラミー賞にもノミネートされ、ブイカなどのプロディースも手掛けるアレハンドロ・アコスタ。アルゼンチンからケビン・ヨハンセン等が参加。
・理屈抜きに、ラテン風味がかったスペイン産のロックとしてフェスリスナーやロック好きに広く聴いてもらいたい大快作!噂が流れては消えてた来日もまた待たれます!

メンバー:《ムチャチート》 ボンボ・インフィエルノ(地獄の大太鼓)の異名を持つコンポーザー&パフォーマー。ギター弾き語りのストリートミュージシャンとしてキャリアをスタートし、バルセロナからパリ等も巡るノマディックな活動で経験を積みます。その後、バルセロナの下町ラバル地区の小スペースや酒場などでライブを行い、ルンバ・フラメンカを機軸に、手にはギター、足はペダルでトレードマークのボンボ(=バス・ドラム)のリズムを刻むというパフォーミング・スタイル。観客とジョークを交わし、巻き込む芸風はルンバとボクシングを合わせた「ルンボクシング」と命名され、バルセロナ・アンダーグランドの人気者。これまでアルバムを3作発表、いずれも日本でもロングセラー。
(メーカーインフォより)

go top