EDMONY KRATER ET ZEPISS / TIJAN POU VELO


EDMONY-KRATER-ET-ZEPISS国内盤再入荷待ち〜
★カリブ海の”ミッシングリンク”を紐解くシリーズ。〜グアドループの鬼才エドモニーが、グウォ・カと呼ばれる伝統打楽器音楽のマスター、ヴェロに捧げたスピリチュアル・アルバム! ★ベールを脱ぐ、カリブ海の幻の音源復刻シリーズ第二弾!! 早くも話題となっているレ・ヴィキング・ドゥ・ラ・グアドループのベスト復刻盤に続いて、同じくグアドループのエドモニー・クラテール(パーカッション、トランペット他)が88年に発売した超レア音源にボーナス2曲プラスして復刻! ★グアドループの伝統打楽器音楽グウォ・カは、単なる音楽という枠を超えて、人々の生き方や生活に染みこんでいる。現在でもグウォ・カは、政治的パワーを持つ音楽でもあり、民衆の声の代弁者として人々から愛され、支持されている。★エドモニーは「私はいつも、カ(打楽器の名前)が私たちの歴史を理解する鍵だと思っている。」と述べている。グウォ・カは様々なセレモニーで演奏され、その太鼓の響きは祖先の霊の反響とも言われている。★エドモニーがこのアルバムでトリビュートしているVélo ヴェロ(本名マルセル・ロリア 1984年没)は、ポワンタピートルの街角でグウォ・カを演奏し続けた。現在彼が演奏していた通りには、彼の銅像が建っているほどの島民的英雄でもあった。★ズーク全盛期に発売されたにも関わらず、このアルバムではグウォ・カのリズムが通奏低音のように鳴り響き、そこにエドモニーのトランペットやギター、さらにはシンセサイザーなどが変幻自在に絡みながら、クールなグルーヴを生み出す。 ★グウォ・カのループするリズム、時にドン・チェリーを彷彿とさせるアヴァン・ギャルドな展開、シンプルなアンサンブルにも関わらず無限の音の拡がりを感じさせる、フレンチ・カリブ音楽異色中の異色作。恐るべし、エドモニーの世界がここに! ★今回の復刻に際しては、エドモニーが90年代に録音したという未発表音源を2曲プラスしてさらに濃い内容に。(メーカーインフォより)

グアドループ、グウォカ系パーカッショニストにしてトランペッター、エドゥモニィ・クラタル率いる “ゼピス” による1988年作の復刻〜ジャズ的手法に島の打楽器リズムと歌心が呼応する得難い才が生み出した作であることは確か。その後、このエドゥモニィ・クラタルはどうしたのかといえば>★〜2016年の今は、こうなっているのでした。なんかグウォカJAZZ系オリジネイターぶりは健在〜グアドループのマヌ・ディバンゴとでも…。

1. TIJAN (Edmony Krater & Tisseur)
2. GWADLOUP (Edmony Krater)
3. CREPUSCULE (Freddy Tisseur)
4. CHIMIN SPIRIT (Edmony Krater)
5. WEST INDIES (Eddy Lebouin)
6. OCCITAN DANCE (Edmony Krater pour Larrazet)
7. RITME A LA VI (Edmond Krater, PATRICIA VENISSAC ET YAN GRILL)
8. SONJE PA PLERE (Edmond Krater ET YAN GRILL)

*Lead Vocals, Bugle, Trumpet, Rhythm Guitar, Percussion, Synthesizer – Edmony Krater
*Arranged By, Directed By, Bass Guitar, Vocals, Percussion, Guitar –Eddy Lebouin
*Drums – Jean Coco
*Flute, Vocals– Roseline Pougeol
*Guitar – Philippe Kalifa
*Percussion – Roger Raspail
*Piano – Jean-Claude Predantos
*Rhythm Guitar – Freddy Tisseur
*Saxophone – Filip Augustt

go top