MADOSINI / EPARADESI NKOSI UZUBE NAM


MADOSINI-NEW-CAPE>こちらで紹介されているのを見て(無断リンク毎度陳謝!?)、6年前のリリースで、しかも限定110枚なんてレアーなCDだから、ま、入って来ないんだろうなと思っていたら、ちゃんとオーダーどおりの数、入荷してきました!なるほど、売れてないんですね…。
が、内容は素晴らしい!南アのコサ人の間で有名なマドシニ婆さん(故ネルソン・マンデラ氏も彼女の大ファンだったそー)のイシトロトロ(=口琴)、ウンルベ(=マウスボウ〜口弓)、そしてウハディ(=楽弓〜ビリンバウ)のソロ&歌が(別人のような声音で一人応答形式も演じつつ)聞こえて来るだけの内容ですが(プロデュースは南ア白人ギタリスト>Derek Gripperということで、なるほどなあ、あのトゥマニ・ジャバテのコラ演奏を採譜してガットギターで再現したあの男が、好きそうな世界です)。
ま、素朴とか土着、ということでもなくて、その一瞬一瞬の音色の豊かさや不思議さ、その歌声、声音の変化や自在なタイム感の中に聞こえるコサの伝統や、マドシニ本人の繊細でいて奥行きの深い、どこか愛想のない芸風に、もー、魅せらましたよ。そして、その伝統や芸のあり方が、なんだかモノローグっぽい?星のまたたく広い夜空の下、問わず語りの演奏&歌という感じがして、これもまた実にアフリカだなあ、と(やや意味不明ですが)。

▽参考

go top