YEE HTWE (MYOMA) / BRILLIANTLY BRAVE BLOOD


YEE-HTWE

今回は井口さんに買い付けていただきました(感謝!)。ピアニストだとばかり思っていたんですが、結局この人、ギタリストで作曲家だそうすよ!

特に資料もなく(解説はミャンマー語のみ)、ネットで調べてみてもドコにも関連事項が出てきませんので、もしかしたら、まだリリースされたばかりなのかも知れません。さる方に買って来ていただいたのですが、まあ、わからないならわからないなりに、その方がおもしろいので、そのまま聴いた印象をイイ加減に述べるなら、“BRILLIANTLY BRAVE BLOOD” なる表題や、録音の質、ジャケットの雰囲気から察するに古典ではなくて、サインワインオーケストラと、フネーも含む金管アンサンブル、そしてピアノ&ギター、ヴァイオリン、ベース、ドラムスによるインスト創作組曲のようなもの?なのかなあ、と察します。西洋音階もふんだんに使っているし、マーチング・ナンバーもあれば、ミャンマー・タンズィン調、あるいはミャンマーPOPにジャズをまぶしたような曲もあり、そしてもちろん古典音階の曲もあれば、突然の転調、絵に描いたような民衆音楽に雪崩れ込む展開もあるという変幻自在な内容。それでもって、もしかしたら、戦前からの反英独立〜抗日運動の流れと去年の民主化を結びつけるようなミャンマー魂(?)謳歌的な制作意図とかがあるのかも知れない、と推察することもできるような気がします(アテズッポウですが)。で、そういうことはともかくとして、その音に触れる時、主役はやっぱり、その訥々としているのか、流麗なのか、譜面どおりなのか、アドリブなのか、何とも判断がつきかねるような、そのピアノのそのタッチということになりそうです(YEE HTWE という人がピアニストなのか、どうかもわかりませんが)。その、どうにもやっぱり、ミャンマー的調律ピアノの雨垂れ百連発みなたいな奏法の奔放さに耳が行くということはあります。その辺が聞き所でしょうね。

ဗို လ္ ရႈ သ ဘ င္ေတးေရး – ဂီတာတင္အုန္းေတးဂီတ – ရဲေထြး ( ၿမိဳ ႕မ )ရဲေထြး ( ၿမိဳ ႕မ ) / ရဲရဲေတာက္ျမန္မာ႔ေသြး ALBUM မွ -COPYRIGHT : ျပည္ေတာ္ဦး

Eastern Country Productionさんの投稿 2018年1月5日(金)

go top