森内 清敬 featuring 常味 裕司 -KIYOTAKA MORIUCHI featuring YUJI TSUNEMI / sES


SICH-8001日本が誇るウード奏者、常味 裕司と共演しダルブカ(ダルブッカ)の新しい可能性を求めて常に挑戦する森内清敬のデビュー作。アラブ音楽の古典から現代まで。
●関西を中心に活躍する若手ダルブカ奏者、森内 清敬が、やはり近年関西をホームグラウンドとし、日頃から共演する日本を代表するウード奏者、常味 裕司を迎え製作したアルバムです。
●森内 清敬が演奏するのは、アラブ音楽に無くてはならない打楽器ダルブカ。しかも、近年一般的な金属のものではなく、古楽器中の古楽器である皮のダルブカを操っています。金属製に比べ扱いが難しいため、日本にはほとんど演奏しているミュージシャンがいなく、その乾いたサウンドを日本の音楽シーンに持ち込み、新たな可能性を示しています。
●本アルバムでも、アラブ古典音楽を始め、2人のオリジナル曲、そしてロック(レッド・ツェッペリンの「フォア・スティックス」!)まで取り上げ、ダルブカの魅力を余すことなく表現しています。
●そして、森内 清敬の演奏を大きく受けとめ、さらに独自の世界感をしっかり表現している常味 裕司。ウード・ソロ作『光輝く街』、アラブ音楽アンサンブル、ファルハを率いた『TARIIQ〈タリーク・道』という2枚のアルバムが高い評価を受け、このジャンルのアルバムとしては、共に大きなセールスを記録しました。また、故中村 とうよう氏が、最晩年、もっとも評価をしていたミュージシャンでもあります。
●優しく怪しいウードの音色に反応していく新星ダルブカ奏者の森内清敬。彼が刻むダルブカ、パーカションのリズムがトランスの世界に徐々に誘って行きます。
●アラブ音楽ファンはもちろん、ベリーダンサーにも注目していただきたい作品です。(メーカーインフォより)

1. sES セス -MORIUCHI Kiyotaka
2. Gabal Muusa ガバルムーサ -MORIUCHI Kiyotaka
3. Bashraf Samaai Asbaain バシュラフ サマーイ アスバアイン -Anonymous, Tunisia
4. Hayal ハヤル -MORIUCHI Kiyotaka / TSUNEMI Yuji
5. Four Sticks -Jimmy PAGE / Robert PLANT
6. Galata Okulu ガラタ オクル -MORIUCHI Kiyotaka
7. Bayati バヤティ -Anonymous
8. Night in Marrakech -MORIUCHI Kiyotaka / TSUNEMI Yuji
9. Zeybek ゼイベキ -Anonymous, Turkey
10. Breaking Dawn in Zamalek -MORIUCHI Kiyotaka

maqam arranged & transcripted by TSUNEMI Yuji (1,3,5,7,9)

森内清敬 : ダルブッカ、ドホラ、フレームドラム、ウドゥドラム、タンバリン
常味裕司: ウード

go top