OUMOU SANGARE / MOUSSOLOU


アフリカ音楽の大注目作! ワスルの歌姫が90年に残したデビュー作をアナログで再発!
OUMOU-SANGARE-MOUSSOLOU-lpウム・サンガレ(1969年生まれ)は女性歌手の宝庫といわれるマリ南西部のワスル地方の中で、もっとも高い人気と実力を誇るアーティスト。伝統的な歌声を持つ彼女は、その圧倒的な歌唱力と、アフリカ人女性の地位向上を謳った歌詞で一躍注目され、いまではアフリカ大陸全体を代表する女性歌手のひとりとして目されるまでになった。本作はそんな彼女が1990年に発表したデビュー作。ワスルの伝統弦楽器カマレ・ンゴーニをサウンドの核にして、若々しくも力強い歌声でワスルの伝統的な旋律を楽しませてくれる。リイシューにあたり、ロンドンのアビー・ロード・スタジオでリマスタリングを行い、180gの重量盤仕様/8ページ・ブックレット/ダウンロード・カード付きという豪華な仕様でリリースされた。(メーカーインフィより)

SIDE A:
1. 話をしようよ
2. 愛は凍えて
3. ノスタルジーは残酷

SIDE B:
1. 女たち
2. 最愛
3. ああ、我が愛

go top