TOTI SOLER / EL TEMPS QUE S’ATURA


TO-015●トティ・ソレールは、1949年スペインのカタルーニャはバルセロナ生まれ。60年代からノバ・カンソ運動などカタルーニャ音楽シーンの重要場面で活躍してきた当地を代表するギタリストです。
●アメリカのタジ・マハールに出会いブルースを学び、セビージャの伝説的フラメンコ・ギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールからフラメンコの手ほどきを受けたり、他にも地中海音楽、ジャズ、ロック、クラシックを吸収し、70年代初期には、地中海ギター・サイケデリックな不思議な作品群をリリース。一時期率いていた”OM”というグループは一部のプログレファンにも知られています。
●その後、80~90年代と、洗練度合いを増しながらも、それまでのスタイルは崩さずに、コンスタントに作品を出し続け、その一方でマリア・デル・マール・ボネットやパスカル・コムラードといったカタルーニャの個性的な音楽家たちとも共演を果たすようになりました。
●近年では、長年のキャリアの到達点ともいえる研ぎ澄まされた、静謐なギター・インストゥルメンタルの世界を展開。静かな波や木漏れ日のような心地よいアコースティック・サウンドに、トニーニョ・オルタにも通じるようなヴォーカル+ギターを乗せた、地中海フォークともいえるサウンドは、まさにカタルーニャの円熟のエレガンスを感じさせ、キューバのフィーリンやアルゼンチン・フォルクローレ、ポスト・クラシカルを通過したリスナーを中心に密かに話題となりました。
●また、今やカタルーニャを代表するボーカリストとなったシルビア・ペレス・クルスをアルバム”RAO DE VIURE”(2011年)で起用。さらに今作では、国内盤も発表された期待の女性ボーカリスト、ジェンマ・ウメットを抜擢。地元カタルーニャの新たな才能をいち早く見出し、彼女らもそれぞれ期待に応えるべく素晴らしい歌声を披露しています。
●今作も、言うまでもなく文句なしのギターが紡ぎ出す優しく美しい世界が繰り広げられています。前述のとおり、ゲスト・ボーカルのジェンマ・ウメットが二曲で美しい朗読調のボーカルを披露、愛娘のライア・ソレールも参加し、トティの世界感に華を添えています。31作目というキャリアに恥じぬ堂々たる日本デビュー盤です。
●カタルーニャという大地から届けられた歴史の重みとエレガンスを感じさせる素晴らしい作品群です。全音楽好きにオススメします。(インポーター資料から)

曲目表:
1. Saviesa
2. Soledat compartida
3. No ho se… no preguntis
4. Somni
5. La mirada
6. La lluna de porcellana
7. El temps que s’atura
8. Ohne Name
9. Nits
10. Sensacio
11. La farigola
12. No tinguis por
13. L’hora dels adeus

go top