PAPO ANGARICA / IFA NI ORUN


COCD-351ハバナの下町で民衆のために演奏を続けるサンテリーアのバタ・ドラムの大御所パポ・アンガリカ。2012年リリース作です。ヨルバ語に関する研究者であったという父ニコラス・バレンティン・アンガリカの著書に基づき、パポが編み上げたアフロ・キューバン音楽絵巻。コール&レスポンスの歌とパーカッションのポリリズムがうねる音に、ピアノが入る冒頭曲などのサウンドトラックのような効果もあって物語性も感じさせてくれます。エレグアなど、いわゆる定番系レパートリー以外のもので構成されていて、この手のマニアックなファンも注目です。(サプライヤーインフォより)

1. Bababa Ocan
2. Toque Odufe Rezo Orisha Oya
3. Awo yere yere ni awo
4. Mandele Ni Gfa
5. Rezo a Yegua
6. Osha Quimale Otura Melli
7. Oguede fa
8. Ubi ya orun
9. Obetua Lara
10. Yanza irramio
11. Obbe tumacu
12. Bromu Olofin
13. Mandele iku
14. Aro a Yemoya
15. Gle bbogdun toque gyesa
16. Canto y Toque Oggun

go top