MARIA SIMOGLOU ENSEMBLE / MINORE MANES, Rebetika songs of Smyrna


MariaSíimoglouEnsembleMariaSíimoglou水夫と受刑者の物語、泣き濡れた恋とハッシシュの夢、よこしまな誘惑、帰還なき追放の旅… そんな主題が20 世紀初頭ギリシャとトルコの港町のいかがわしい酒場に生まれた「レベーティカ」にはつきまとう。感傷的な恋歌と社会的な抵抗の歌と東洋の詩情にまたがるこの魅惑的なレパートリーから、港町マルセイユに住み着いたギリシャの歌姫マリア・シモグルー(地中海アンサンブルONEIRA のメンバー)が代表的な13 曲を厳選して披露するアルバム『ミノーレ・マネス』。ディジパック装。英語・ギリシャ語・仏語ブックレット(歌詞全訳つき)。〜サプライヤーインフォより
>こちらで紹介されています(無断リンク、すみません!)

MARIA SIMOGLOU ENSEMBLE : Stratis Psaradelllis(lyra, lafta. sazi, chorus), Harris Labrakis (ney) Stefanos Dorbarakis (kamonaki, chorus), Periklis Papapetropoulos (lafta, sezi, vocals, chorus), Kostas Meretakis (percussion, chorus), María Simoglou (vocals, koutalisa, potirakia)

go top