KRAJA / HUR LANGT SOM HELST


★クラヤ/離れていても
ノルディック・ビューティたちによるポリフォニー・サウンドが再び!

KRAJA2015スウェーデンの伝統音楽にポリフォニー・コーラスを取り入れ一躍人気を博した4人組女性ヴォーカル・グループのクラヤが、2011年発表の前作『ブルサンド・ハヴ』(INR-5315)以来となる4枚目の新作アルバムを発表してくれた。本作では彼女たちの自作詩や北欧生まれの古い詩のほか、北米のインディアンやコンゴに暮らすクバ人の間に息づく詩、さらにはマレイシアのパントゥン(四行詩)などをスウェーデン語に訳し、メンバーそれぞれが持ち寄ったオリジナルのメロディ・ラインを付け歌っている。多くの曲が無伴奏で歌われているが、そのコーラス・アレンジはこれまで通りメンバー全員で行い、独自のポリフォニックな響きを堪能させてくれる。キャリアを重ねさらに魅力が増してきた彼女たちにますます目が離せなくなってきた。

1. すべては終わりとともにはじまる
2. 離れていても
3. 私が死んだら
4. ルートのためのポルスカ
5. 風は運びて
6. 川辺の柳
7. 腕輪
8. 雨が降ってきた
9. アルヴィドの歌
10. 音楽がもたらすもの
11. 神はわが子らの魂を加護する
12. 外木は子守歌を歌う

go top