KATERINA PAPADOPOULOU / AMIGDALAKI TSAKISA


KATERINA-PAPADOPOULOU伝統的なギリシャ歌謡、民謡を歌い続けているアテネ生まれの女性歌手、カテリーナ・パパドプールの08年リリース4作目のアルバムです。8歳の時からコーラス・グループで歌いはじめ、ビザンティン音楽 / レンベーティカ / デモーティカ / アナトリア(小アジア)音楽を学び、自らフィールドワークもして来たという才媛です。これまで様々な歌い手、作曲家、インストゥルメンタリストたちと共演して来たようですが、長らくつきあいがあるという故ニコス・パパゾグルーが本作には参加、リード・ヴォーカルを取っている曲もあります。サズやリラ、ギター、あるいはウード(=アラ・ディンキアン参加!~セゼン・アクスやエレフセリア・アルヴァニタキの録音常連)といった最小限の弦楽器伴奏において、ギリシャ~小アジアの民謡的情感を、静謐なムードの中に結ぶ素晴らしい歌声を聞かせています。

go top