DENGUE FEVER / THE DEEPEST LAKE


☆デング・フィーヴァー/ザ・ディーペスト・レイク
DENGUEFEVER2015これぞ待望。ディープな感触が増したサイケデリック・カンボジアン・サウンド!
ファンのみなさま、お待たせしました。2014年11月に待望の来日公演を果たしたデング・フィーヴァーが4年ぶりの新作を発表してくれた。2000年代のアメリカ西海岸においてもっとも重要なワールド・ミュージック・バンドとして知られた彼ら。60~70年代に興隆を極めたカンボジアのポップス(歌謡曲)をベースに、サーフ・ギターやオルガンを積極的に取り入れ、いわゆる〈サイケデリック〉なサウンドを聴かせていたが、最新作のこれでは、さらにカンボジアン・ラップやレトロなラテン・リズム、リズムボックスなどを加えて、ディープで完成度の高いアレンジを楽しませる。さらにヴォーカルの気品も増し、彼らにしかできないオリジナリティあふれる世界を繰り広げている。(以上、メーカーインフォより)

ロスの腕利きミュージシャン達(ザッパバンド出身ほかの)が、アジア的である音を追求して早15年ぐらいも経ち(前メジャー系列作は英語で歌って散々な出来でしたが)、実に東南アジアっぽさを感じさせるサイケサウンドを確立!加えて、この4年でちょっとお太りになっていよいよ巨乳グラマーぶりを発揮しているカンボジア系女声チョーム・ニーモル嬢の歌唱もいよいよアブラに乗ってます。今、第2の旬を迎えている北米西海岸カンボジアンROCKグループ、デングフィーヴァーの新作、今回はお見逃しなく!

1. トカイ
2. ノー・サドゥン・ムーヴズ
3. ロム・サイ・ソーク
4. ゴースト・ヴォイス
5. 世界で一番深い湖
6. ボール紙の城
7. 空き地
8. 静かな流れは底が深い
9. タクシー・ダンサー
10. ゴールデン・フルート

go top