V.A. / STRANGE & DANGEROUS TIMES


NEW AMERICAN ROOTS – REAL MUSIC FOR THE 21ST CENTURY
STRANGEandDANGEROUS-TIMES
21世紀合衆国のローカルなルーツ・ミュージックコンピレーション by 独 TORIKONT レーベル、ということで、一筋縄じゃないわけですね。いわゆるパンクやオルタナティヴを通過した上でのルーツ・ミュージック、ということで、いかにも21世紀アメリカらしい、なんだか夢も希望も宙吊りになってる感じの?どうにも仄暗かったり、やさぐれていたりするカントリーやフォーク、ブルーグラス、ブルースなんかがギター弾き語りスタイル中心に並んでいます。ルーツ・ミュージックでさえも“歌は世に連れ世は歌に連れ”状況が確認できるわけですね!?

1. Phillip Roebuck: Cupid’s Gun
2. My Graveyard Jaw: Hold On
3. Tom VandenAvond: Wreck Of A Fine Man
4. The Calamity Cubes: Anchor’s The Way
5. Willy Tea Taylor: Hummingbird
6. Reverend Deadeye : Drunk On Jesus
7. The Harmed Brothers: We Might Not Have To Die
8. Jayke Orvis And The Broken Band: Lead Me Astray
9. Scott McDougall: A Few Towns More
10. James Hunnicutt: Dying Healer Waltz
11. The Good Luck Thrift Store Outfit: The Very Best
12. Hillstomp: Henry, O My Henry
13. Possessed By Paul James: Heavy
14. Graham Lindsey: Tomorrow Is Another Night
15. Carrie Nation & The Speakeasy: Trying Times
16. Joseph Huber: Bell On A Rope

go top