MANU CHAO / RADIO BEMBA SOUND SYSTEM


★マヌ・チャオ / ラディオ・ベンバ・サウンド・システム
MANU-ERPCD-2952“FEEL CLOSE TO MANU CHAO”
差別、偏見、市場主義、拝金主義、グローバリゼーションが席巻する今の世界に、”音楽”という武器で抗う一人のミュージシャン、マヌ・チャオ。彼の存在と音楽に触れる事によって、私たち自身が何かを感じ、ともに歩むために。
その行動力、その影響力。世界中を、ギター片手に旅するレベル・ロッカー。彼が生み出すビートと言葉は、文化や国境を越えて拡がっていく。1998年のソロ・デビュー以来発売してきた6枚のアルバム(スタジオ4作+ライヴ2作)を、シリーズで国内発売中!

〜こちらのアルバムは、2002年に発売されたライヴ・アルバム。2001年の「プロクシマ・エスタシオン・エスペランサ」発売ツアー時のライヴ音源を編集。ラディオ・ベンバ・サウンド・システムとはその時彼が率いていたバンド名。マノ・ネグラ時代の曲も演奏されている。強烈なジャケットも話題です。★日本語解説:大石始

(以上、メーカーインフォより)

■曲目:
1. INTRO
2. BIENVENIDA A TIJUANA
3. MACHINE GUN
4. POR DONDE SALDRA EL SOL?
5. PELIGRO
6. WELCOME TO TIJUANA
7. EL VIENTO
8. CASA BABYLON
9. POR EL SUELO
10. BLOOD AND FIRE
11. EZLN…Para tod@s todo…
12. MR BOBBY
13. BONGO BONGO
14. RADIO BEMBA
15. QUE PASO QUE PASO
16. PINOCCHIO(VIAGGIO IN GROPPA AL TONNO)
17. CAHI EN LA TRAMPA
18. CLANDESTINO
19. RUMBA DE BARCELONA
20. LA DESPEDIDA
21. MALA VIDA
22. RADIO BEMBA
23. QUE PASO QUE PASO
24. PINOCCHIO(VIAGGIO IN GROPPA AL TONNO)
25. LA PRIMAVERA
26. THE MONKEY
27. KING KONG FIVE
28. MINHA GALERA
29. PROMISCUITY

【マヌ・チャオ】
1961年6月21日にパリでガリシア人の父親とスペイン・バスク人の母親との間に生まれる。ザ・クラッシュやザ・ジャムといったUKパンク・シーンから大きな影響を受け、1980年代半ばにロカビリー・グループのホット・パンツを結成。その後兄弟のアントワーヌらが加わったよりパンキッシュなグループ、ロス・カラヨスを結成。そして1987年に従兄弟らも加わる形でマノ・ネグラを結成。パンク、スカ、ダブ、レゲエ、ラテン、アフリカンなど雑多な音楽的要素を取り入れたミクスチャー・サウンドと、スペイン語、フランス語、英語を折衷した歌詞や時に社会的なスタンスが人気を博す。また、90年初頭の中南米ツアーが、ロック・エン・エスパニョール勃興に大きな影響を与えた。90年代半ばからソロ活動を開始。98年、初のソロ作『クランデスティーノ』以来、4枚のスタジオアルバムと2枚のライヴ・アルバムを発表。2002年、フジロックに来日、2010年10月には久々となる待望の単独来日ツアーが実現した。

go top