MTENDENI MAULID ENSEMBLE / ZANZIBARA 6


La lune s’et levee−Une seance de Zanzibar
zanzibara6
ムテンデニ・マウリド・アンサンブルは、ザンジバルにて1960年代に結成されたスーフィー系音楽集団。“マウリディ” と呼ばれるアラブ起源の古くから伝わる複数小型太鼓やフレームドラムと男性による主唱&コーラスによるダンスを伴う宗教的儀式音楽で、古代アラブ世界にルーツを探れるそうですが、今はザンジバルに残るのみだそうです。もちろん、イスラムの祈りにもとづく歌かと思いますが、ひたすら繰り返される合唱と太鼓リズムで盛り上がって行くその様は、やはりアフリカ系の要素が強いかと感じられます。

1. Dahala 1(la lune s’est levée, l’élu, bienvenue)
2. Dahala 2 (bienvenue, il est notre seigneur , son voyage, dieu, le majestueux, cinq, qui est plus élevé, problèmes actuels )
3. Dahala 3 (bienvenue, il est notre protecteur, bénédictions’ dieu, le majestueux, cinq piliers, quiest plus élevé, problèmes actuels )
4. Dua (imploration)

go top