ESTOUDIANTINA NEAS IONIAS & YIANNIS KOTSIRAS / I SMYRNI TOU EROTA


yannis-kotsiras2012ギリシャ伝統派の充実作をご紹介しそこなうところでした。全23曲77分収録の大作です!19世紀末から20世紀初頭にかけスミルナ(イズミール)に実在した楽団名を冠し00年代半ばに結成されたという“エストゥディアンティーナ・ネアス・イオニアス(30人編成!)” と、90年代から活躍する男性歌手、ヤニス・コツィーラスがガッチリ組んで作り上げた企画アルバム〜20世紀前半スミルナ流儀の恋歌をカヴァーした2012年作です。基本トルコ由来のレベーティカ風ですが、やはり恋歌、ロマンティックさを感じさせる流麗オリエンタルなストリングス・アンサンブルに乗せた(30人!)、哀愁ヴォーカル&コーラスがイイ雰囲気です。どちらかと言えばフォーキーな感触のSSWというイメージが強いコツィーラスですが、こうしたスミルナ〜アナトリア歌謡の伝統につながる世界もしっかり体現できる人であることはハリス・アレクシーウとの共演でも証明済みかと…が、いつもこんなだったらもっと贔屓にするところ!<全23曲77分収録!大作です> >こちらでも紹介されています!(無断リンク陳謝)

go top