JOSE ANTONIO TORRES “GUALAJO” / EL PIANISTA DE LA SELVA


gualajo
カリブ沿岸アフロ=インディオ系コロンビアンROOTSミュージックとしてのマリンバ音楽を伝承するホセ・アントニオ・トーレスこと、グアジャホの08年作。パンゴ、ジュガ、ブンデ、バンブーカ・ビエホ、トルベリーノ他、聞いたこともない様々な伝承リズムをベースに演奏していますが、汎カリブ〜ムラート / クレオール系のリズム感がやはり心地よくもあり、そこんところに微妙に混入しているインディオ的な引っかかり感?みたいなものも又えがたいモノかと。


1. Pango (pango)
2. Mi Fosforito (juga)
3. Botella Vasito (rumba)
4. Ya Repunta El Agua (currulao alabao)
5. Mamita Oh (currulao)
6. Quien Sera (juga)
7. Tranquikito (bunde)
8. Los Zapatos (rumba)
9. Jose Luis (bambuca viejo)
10. Bereju (bereju)
11. No Quiero (bunde)
12. La Gallina Culidura (torbelino)
13. Un Lucero Brillador (alabao juga)
14. Patacore (patacore)
15. Pango (versos) (torbellino)

go top