ANTONIO ADOLFO / RIO, CHORO, JAZZ…


antonio-adlfo2014 A TRIBUTE TO LEGENDARY BRAZILIAN PIANIST & COMPOSER ERNEST NAZARETH
ブラジル音楽黎明期に活躍した偉大なる作曲家ナザレーをアドルフォがお洒落にトリビュート!
ブラジルを代表する〈ピアノ・ジェントルマン〉アントニオ・アドルフォが、またまた素晴らしい作品を発表してくれた。今回アドルフォがここで テーマにしたのは、かつてエイトル・ヴィラ=ロボスからは「ブラジルの魂」と称賛され、またその作風からは「ブラジルのショパン」とも言われてきた偉大な 作曲家エルネスト・ナザレー(1863―1934)が残したナンバーたち。それらをボサ・ノーヴァやジャズのスタイルで再構築させたという意欲作だ。 ショーロやサンバといったブラジル音楽に大きな影響を与えながら、一方でクラシックの音楽家からもリスペクトされたというその作風は、まさにエレガント。 そんな作風をアドルファがさらにお洒落なアレンジで聞かせてくれる。(メーカーインフォより)


go top