V.A. / ELVEDA RUMELI, MAKEDONYA 1897 -DIZI MUZIGI


ELVEDA-RUMELI西部ブルガリア~現マケドニア共和国(旧ユーゴから独立)~現ギリシャのテッサロニキに至る所謂マケドニアと呼ばれる地域は、20世紀初めまでオスマン・ トルコ領でしたが、クレタ島とともに、このマケドニアの地の奪還を目論みギリシャ(19世紀前半にトルコから独立)が起こした戦争が1987年の希土戦争 でした。その当時の戦乱のマケドニアを舞台として、トルコで制作放映された連続人気TVドラマのサントラ盤が、本CDということになります。バルカン~ブ ルガリア~ギリシャ~トルコ音楽が渾然一体となったような音楽を基調とし、マケドニア(ルメリア&スラブ)人&トルコ人ミュージシャンによる演奏と男女の歌が、カラン・レーベルらしい格調高い創作的なフォークロアとして綴られています。ブルガリアの女声コーラス風の民謡や、ギリシャの島唄、あるいは、ジプ シー音楽風、そしてトルコ風と様々な要素を感じさせる演奏が、次から次へと楽しめます。これを総じてルメリア音楽とすべきなんでしょうか?サントラ盤ということで、映像的とも言えそうな曲の造りも、淡泊な 哀愁を演出していますね。ディープな民俗音楽を望む方にはオススメしませんが、“マケドニア音楽”を親しみやすく演じた好盤かと思います。

go top