KALA RAMNATH, ABHIJIT BANERJEE, SOMNATH ROY / YASHILA, DRIVE EAST


yashila素晴らしい! ケララ州出身で北インド声楽の重鎮パンディット・ジャスラージの元で修行した女流北インド音楽ヴァイオリニスト、カラ・ラームナートが古典の枠を越え、フュージョンに挑んだ作品。ジャズやフラメンコを取り入れながらも、色濃いルーツ指向で、インド古典フュージョンをネクストレベルに押し上げるこ とに成功。アヌーシュカ・シャンカルの「RIZE」に続くポスト・シャクティ世代インド古典フュージョンです。フュージョンという言葉が苦手な人にこそ聴 いて欲しいですね。日本人シタール奏者タカシタールによる丁寧なライナーも魅力です。

go top