石原久子 しまきょらさ


ishihara-hisakoこのディープな哀切感はどこから生まれるのだろう。奄美大島・宇検村湯湾出身。ヒギャ節の重鎮として名を馳せる女性ウタシャ石原久子、待望の全国デビュー!
奄美島唄の女番長、本土デビュー!島唄の宝庫・奄美で30年前から男勝りの唄・三線を繰り広げ”女番長”として君臨してきた伝説のウタシャ、石原久子がアルバム『しまきょらさ』で本土デビューを果たします。
昭和12年(1937)、奄美大島南部の宇検村生まれ。子供の頃から勝ち気の性格で、唄・三線もよくこなしたという。横浜赤十字病院に看護婦として13年勤務した後、昭和43年(1968)に奄美へ戻り、本格的に島唄に取り組む。女性が三線を持つのは珍しい時代、石原久子は自ら三線を弾き歌うことで奄美の女性ウタシャ達のリーダー的な存在となり”女番長”として信頼を受けた。
過去、奄美の地元レーベル=ニューグランドから2枚のLPとカセット1本を発表、しかし数年前にレーベルが消滅してすべて廃盤。またキング・レコードより発売されたコンピレーション『南海の音楽/奄美』で「朝別れ節」を歌って熱狂的なファンを獲得したこともあり、新作の吹き込みが待たれていた。落ち着いた三線のバチさばき、ドスのきいた歌いっぷりは、まさに”女番長”と呼ぶにふさわしい。 (メーカー資料より)

1. あさばな節
2. 長雲節
3. 曲りょ高頂
4. むちゃ加那節
5. 雨ぐるみ
6. すばやど節
7. 塩道長浜節
8. 寅申長峰節
9. 朝顔節
10. しゅんかね節
11. 太陽ぬ落てぃまぐれ
12. 徳之島節
13. 長雨切りゃ上がり節
14. 飯米取り節
15. イトゥ(仕事唄)
16. 大島紬ぬ織り美らさ

go top