PUPI LAGARRETA / SALSA CON BOOG-A-LOO


pupi-salsaキューバ革命後にアメリカに渡り、ニューヨークのチャランガ・シーンを支える一人となったヴァイオリニスト、プピ・レガレッタの1967年作。ブーガルーからサルサへの移行期のまっただ中に出された、その2つの名前を配したアルバム・タイトルが象徴的なアルバム。ヴァイオリンとフルート入りのチャランガ編成で、キューバ音楽の優雅さとポリリズミックなリズムに、USAのジャズ~R&B的なノリも入れ込み、ヴァイタリティある名演が揃っています。1曲目のタイトルはズバリ「サルサ」。サルサ興隆以前にサルサという言葉を使った曲名としても有名ですね。サルサ誕生前夜の時代の空気を感じてください。CD-Rですが、まずまず音質良好です。
1. SALSA
2. TAPATE
3. VAMOS A BAILAR BOOGALOO
4. LOS 4 PESOS
5. A VENEZUELA ME VOY
6. MULATA GO GO
7. YENYERE CUMA
8. JARDINERO
9. DANCE THE BOOGALOO
10. CADA QUIEN
11. QUE MUCHACHA
12. GUAJIRA VEN

go top