LEO GANDELMAN / VENTOS DO NORTE


LeoGandelmanひょんないきさつからご紹介が大変遅くなりましたが(??)、
当店的には今年(2013年)のブラジルものナンバー1プッシュですね!?
こんなに大人っぽくて、演奏がしっかりしていて、ムード満点なインスト音楽、今時どこにあるでしょうか!
▶こちらで紹介!(無断リンクすみません!)
“ヴェントス・ド・ノルチ~北東部サキソフォン奏者たちに捧ぐ”
祖国ブラジルだけでなく欧米諸国でも幅広く人気を博すなど、国際的な活躍をみせているサキソフォーン奏者レオ・ガンデルマンが、意欲溢れるジャズ・ショーロ作品を発表してくれた。20世紀を通じて活躍したブラジル北東部出身のサキソフォーン奏者によって生み出されたインストルメンタル・ミュージックの再構築を目指したのが本作。ジャズによって広まったサキソフォーンのブラジル的スタイルを築き上げた彼らの貢献を、レオなりにまとめ上げたという意欲作だ。さらにバックにはエンリッキ・カゼスをはじめとする現代ショーロの実力派たちが勢揃いし、そんなコンセプトの作品をしっかりとサポートしている。2013年にもっとも聞くべきショーロ作品だ! (以上メーカーインフォより)

1. サキソフォーンよ、なぜ泣くの?
2. ショリーニョ・ダ・トゥーラ
3. ダンシング・アヴェニーダ
4. 慕情
5. 困惑
6. カシャンガーに行こう
7. タラの背骨
8. 水晶の笑顔
9. 誰が悲しむ
10. 水陸両用
11. 平和を願いて
12. 滑らかな顔
13. 呪われた生き物

go top