LOS AMAYA / AFRORUMBA TOROPICAL, VOL.1


los-amaya1 フラメンコの著名な女性舞踊手、カルメン・アマヤのファミリーによるルンバ・グループで、ルンバ・カタラーナ全盛期に活躍したロス・アマヤのベスト盤2枚組。ホセとデルフィンの兄弟グループです。70年代にはプエルト・リコ系のデュオ、リッチー・レイ&ボビー・クルスの大ヒット曲「ハラ・ハラ」を歌い人気を不動のものに。絶頂期は70年代でペレット、エル・ペスカイージャ、カチョ、ガト・ペレスらより後輩ですが、ルンバ・フラメンカで大いに活躍しました。92年のバルセロナ五輪の閉会式でも歌っていました。本作は、その「ハラ・ハラ」を含むアップでダンサブルなチューンを集めて編集されています。
サブ・タイトルの『アフロルンバ・トロピカル』ウーン言い得て妙ですね!全編フラメンコのギターかき鳴らし(ベンティラドール)とアフロキューバン・リズムの幸せな融合で、突っ走ってくれます。さらにワウ・ギターなどが活躍し1970年代特有のサイケ趣味がアルバム全体を包んでいるのですから、これは聞いているだけで幸せな気分に浸れるというもの。「ハラ・ハラ」も完全にルンバ・カタラナ化され、いい意味で全く別物にしてしまっているのもロス・アマヤの凄さを感じます。(サプライヤーインフォより)



los-amaya2★LOS AMAYA / AMOR GITANO, VOL.2 -2CD ¥2850 〜在庫あります!

第二集は、ミディアム・テンポ~スローで、ヒターノの感情を歌ったナンバーを中心に編集されています。
サブ・タイトルは『アモール・ヒターノ』!センティミエント且つ情熱的な34曲が並んでいます。ミディアム・テンポ~スローといっても、フラメンコのギターかき鳴らし(ベンティラドール)とアフロ・キューバン・リズムを融合した独特なサウンドは、どれもリズミカルでグルーヴィー。そこにフルートやワウの掛かったエレキギターなどが乗り、サイケ感を盛り上げてくれます。聞いているだけで幸せな気分に浸れる70年代ルンバ・サイケ・サウンドです。

go top