LALA NJAVA / MALAGASY BLUES SONG


lala-njava 1990年代後半に久保田真琴のプロデュースでデビューを果たしたマダガスカルの五人兄弟姉妹バンド、ジャーヴァ。そこでヴォーカル/パーカッションを担当していたララ・ジャーヴァがソロ・デビューを果たしてくれた。ジャーヴァの活動以外にもフランスのディープ・フォレストや、フレデリック・ガリアーノの『アフリカン・ディーヴァス』にヴォーカリストとしてゲスト参加し注目を集めていた彼女がここで披露してくれるのは、マダガスカル音楽をベースにしたあまりにもブルージーな歌声とサウンド。バックを務める元ジャーヴァのメンバーたちは伝統楽器を使用せずに、マダガスカルの伝統を強烈に感じさせるこれまでにない新鮮なアンサンブルをつくり出している。今後のマダガスカル音楽の新たな方向を指し示した傑作だ。 (メーカーインフォより)

go top