V.A. / CLASSIC BANJO from Smithonian Folkways


classic-banjoなぜか売れ続けています!不思議…?
スミソニアン・フォークウェイズの名物シリーズからバンジョウをテーマにしたユニークな編集盤が登場〜スミソニアン・フォークウェイズの名物シリーズ、「クラシック」からまたユニークなアルバムが登場した。カントリーやブルーグラスのイメージが強いバンジョウだが、そのルーツは西アフリカにあると考えられており、それがカリブ海諸国に伝えられ、その後に合衆国本土に流入したとするのが定説だ。その間にもさまざまな変化があり、その歴史は複雑にしてユニークなもの。そしてバンジョウにもいくつものヴァリエーションがあり、初期のジャズなどでも使用されていたことは周知のとおりだ。本作はスミソニアン・フォークウェイズに膨大に残されたバンジョウを使用した音源を厳選。コンパイラーが参照したアルバムは、なんと三百枚超。火を吹くような早弾きやとぼけたような味わいの独奏、さらにジャズ・アンサンブルにおけるソロ演奏など名演がぎっしりと詰まっている。 (サプライヤーインフォより)

1. Fly Around My Blue-Eyed Girl / Cripple Creek /Ida Red / Old Joe Clark ― Pete Seeger
2. Banging Breakdown ― Hobart Smith
3. Johnson Boys ― Frank Proffitt
4. Peachbottom Creek ― Wade Ward
5. Coo Coo ― Dink Roberts
6. Josh Thomas’s Roustabout ― Mike Seeger
7. Jaw Bone ― Willie Chapman
8. Bright Sunny South ― Dock Boggs
9. Coal Creek March ― Pete Steele
10. Mississippi Heavy Water Blues ― Josh Thomas
11. Walk Light Ladies ― Rufus Crisp
12. Buck Creek Girls ― Bill Cornett
13. Gut Bucket Blues ― Don Vappie
14. Skylark / Roaring Mary ― Mick Moloney
15. St. Anne’s Reel / La Renfleuse Gorbeil ― Ken Perlman
16. Smokey Mokes ― Roger Sprung
17. Golden Bell Polka ― A.L. Camp
18. Banjoland ― Tony Trischka with Bill Evans
19. Sally Ann ― Snuffy Jenkins
20. Lonesome Road Blues ― Roni Stoneman
21. Fox Chase ― Lee Sexton
22. Hop Along Lou ― John Tyree
23. Cotton Eyed Joe ― “Big Sweet” Lewis Hairston
24. Foggy Mountain Top ― Ola Belle Reed
25. Rambling Hobo ― Doc Watson
26. Old Rattler ― John Snipes
27. Georgia Buck ― Elizabeth Cotten
28. I Wish to the Lord I’d Never Been Born ― Irvin Cook
29. Black Eye Susie ― Roscoe Holcomb
30. Bluegrass Breakdown ― Bill Keith with Bill Monroe & The Blue Grass Boys

go top