AFROCUBISM


afrocubism 1996年の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 』は、実は即席プロジェクトだったそうで、本来はライ・クーダーのプロデュースの下、キューバとマリの音楽家たちが共演する予定だったのに、マリ勢がキューバに来られなくなってしまい、代わりに作られたのがあのブエナ・ビスタだった、ということです。で、ワールド・サーキットのニック・ゴールドはそんなオリジナルの企画をどうしても忘れることができず、14年を経てやっとアルバムの完成にこぎつけたのが、このアルバム“アフロクビスム”ということになります。エリアーデス・オチョーア&グルーポ・パトリアに、マリの音楽家5人=歌手カッセ・マディ/コラ奏者トゥマニ・ジャバテ/ンゴニ奏者バセク・クヤーテ/バラフォン奏者ラサナ・ジャバテ/さらにレイル・バンドで活躍したベテラン・ギタリスト、ジェリマディ・トゥンカラ/といった名手たちが参加し共演を楽しませてくれます。、キューバ音楽に大きな影響を受けたマリの大衆音楽の成り立ちを踏まえての共演、ということになりますが、往年の西アフリカで特に好まれたグァヒーラ形式の演奏を中心に、互いに接点を探りながらも、ノスタルジックなカヴァー/オリジナル曲を淡々と演じ、リラックスした雰囲気を伝えてくれる話題盤です!

go top