HASSAB TABAR, FIREBIRD / PERSIAN MUSIC & MYSTICAL POETRY FROM EAST & WEST


★火の鳥〜ペルシャ音楽と東西の神秘詩
firebird個性豊かなラインナップでワールド・ミュージック・ファンを喜ばせてきた仏アコール・クロワゼがまた知られざる才能を紹介してくれました。ここでメイン・ヴォーカルを務めるタグヒー・アフバリーはイラン・テヘランで生まれ育ち、古典をうたう歌手としてその名をあげたが、東洋と西洋の音楽の融合を夢見て80年に渡仏。同地で地中海沿岸の国々の楽団らと共演し、また古楽グループなどとも親交を深めて来ました。本作では、ビジャン・チミラニによるオリエント・パーカッションに加え、サントゥール(ツィンバロン)、そしてバロック・チェロというシンプルな編成ながら驚くほどに多彩なアレンジで、西洋・東洋の宗教的な神秘詩を謡い、また朗唱しています。もちろんペルシャ古典音楽のテクニックであるタハリールも織り交ぜ、ペルシャ音楽ファンはもちろん、古楽ファンまで受け入れてくれそうなユニークな作品となっています。

△参考

go top