CHEIKH EL AFRITE / TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE, TUNISIE 「ユダヤ・アラブ音楽の至宝 第3集」


cheikh-el-afriteアラブ・アンダルース音楽はイベリア半島においてアラブ人とユダヤ人が平和に共存していた時代に誕生した音楽~そんな伝統は北アフリカにも当然受け継がれ、チュニジアではマルーフと呼ばれるアラブ・アンダルース音楽が発展したそうで、その全盛期(1930年代)を支えたひとりがシェイフ・エル=アフリート。当時のマグレブ歌手としては最大級のスターのひとりだったそうですが、彼は伝統的な伴奏のみならず、曲によってはピアノやアコーディオンも加え、伝統にこだわらない柔軟な姿勢も楽しませています。ここではその全盛期に残された貴重なヴィンテージ音源の数々を収め、まさに神話時代のアラブ・アンダルース音楽をたっぷり愉しませてくれます。素晴らしい喉の持ち主です。

1. Layam kif errih 3’14
2. Kif konti sghira 5’39
3. Gued maâmelt maâk 6’06
4. Ya nass hmelt 6’19
5. Ach bik ghadhbana 5’52
6. Ya rebbi hnini 6’28
7. Ya li rajalha m’ghayer 6’13
8. Qalaqt ou mellite 6’00
9. Hasna jarti 6’03
10. Megouani 5’12
11. Lay guella 6’00
12. Tasfar 6’02

go top