BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / I SPEAK FULA


bassekou-kouyate09西アフリカの伝統弦楽器ンゴニを数台使い、それまでに無かった演奏スタイルを作り出したのが、マリ出身の音楽家バセク・クヤーテと、そのグループ“ンゴーニ・バ”だ。07年発表のグループとしてのデビュー作『セグ・ブルー』がヨーロッパを中心に大きく注目を浴び、西アフリカ伝統音楽の新しい方向性を提示してくれた彼らが、待望のセカンドをリリースしてくれました。トゥマニ・ジャバテやヴィユー・ファルカ・トゥーレ、カッセ・マディ・ジャバテといった豪華ゲスト陣を迎え、大小様々なンゴーニによる豊潤なアンサンブルはさらに成熟へと向かっています。

go top